スポッター井上。

2019/11/09

家宝。

2019/11/07

ウラヌス。

2019/11/01

1/17
Please reload

関連記事:
ニュースレター配信中

悲劇のヒロイン。

今回のブログは、かなり長くなることを覚悟して頂きたい。

 

ここまでクライミングに熱中しているにもかかわらず、登っている夢は意外と見ない。

 

けれどこの日は夢を見た。

 

数年前、垂れ流しで見ていたYou tubeの動画で脳裏に焼き付いていた課題だった。

 

昔過ぎて、そのことすら忘れていたが、夢で思い出した。

 

どこの岩場なのか全く見当もつかないし、調べる手立てもない。

 

山のボルダーで、背景に広大な天空の風景と、ランジ一発の課題だったことだけは覚えている。

 

雑な絵を描いて、名探偵石田に依頼をした。

 

どこの岩場かわかったりする?

 

返事は次の日返ってきた。

 

これ東北じゃない?

 

正解だった。

 

数年前に見た動画だった。

 

この絵だけで探し出してきた探偵の有能さは置いておいて。

 

今回のブログはここから始まる。

 

僕は経理の仕事をしている。

 

普段はない東京出張が決まった。

 

ワンチャン向こうの岩を登れるかもしれない。

 

水、木だったので、ここぞとばかりに金曜に有給を入れた。

 

木曜の定時が終わり、大阪へ帰る課長を見送ってから、東京在住の先輩クライマーと会ってマットを借りた。

 

東京でテンション高めの僕に、若干引いていた。

 

そのまま秋葉原パンプへ。

 

何気に東京のジムは初めてだった。

 

店員さんより、御岳は台風の被害で橋が落ち、課題がかなり限定されていることを知った。

大阪で一緒に登っていたまさやと、エンクラで閉店間際まで過ごした。

 

四階まであり、かなりの人数が登っていた。

 

特に最上階は、野外になっており、染みだしなどで外岩のような楽しみ方ができた。

 

しっかり登ってからレンタカーを借りて、東北に出発した。

四時間半の旅。

 

途中で力尽きて、SAエリアで仮眠を取った。

 

二時間ほど寝るつもりが、4時間ほど寝てしまう。

到着したのは9:20。

 

行きの社内からも紅葉の道が続き、テンションは最高潮だった。

着いてからの天気も良好。

 

登山道も、浮かれながら軽快に登っていた。

 

日本百名山。

途中の見栄えのする白糸の滝。

 

硫黄臭のする登山道をひたすら歩く。

途中の激臭の場所もあり、明らかに有害な量が出ている。

看板の文言も、警告というより脅し。

 

風もかなり強く、マットで煽られ、立っているのもやっと状態。

 

それでも天気は良く、テンションも相まって足取りは軽快だった。

 

クライマーは基本的に登ってしまう傾向があるのか、何度か道を外れて迷った。

 

一時間ほど登っただろうか。

 

岩群が見えた。

 

岩の形状は大体頭に入っていたので、次々に課題が見つかっていく。

触りたい岩はたくさんあるが、とりあえず今回のメインを探した。

 

一番の頂上付近に、ボスのように君臨している岩があった。

 

ハイボルも見慣れたもので、そこまで巨岩とは感じなかった。

 

『底無』一級。

 

夢にまで見た憧れの岩だ。

 

早速アップを始める。

 

岩質も嫌いな感じではない。

 

痛いけど持てる。

 

そんな感じ。

 

しかし風がとてつもなく強くなってきた。

 

寒いを通り越して指がかじかむ。

 

空を見上げても、雲がタイムラプスの動画のようなスピードで流れている。

 

雲も出てきて、一気に天気も悪くなった。

 

今回も目的は登る事と、最高の景色の中でのクライミング写真を撮る事。

 

少し待って、風がやむ事と天気の回復を待った。

ポツリ、ポツリ。

 

全てが終わる音がした。

 

そこからは地獄。

暗雲が経ち込め、雨脚は強くなる一方。

 

僕は底無の絶望感のまま、底無に背を向けて下山した。

 

結局憧れの岩には二トライしかさせてもらえなかった。

 

台風で東北が大変な時期に遊びに来たことなのか。

 

仕事に来たくせに遊びにきたことなのか。

 

ツイてなさ過ぎただけなのか。

 

それとも何か憑いているのだろうか。

 

単純に日頃の行いが悪すぎるのか。

 

ご当地の有名な温泉も全て露天風呂の為、雨の中入る気分になれず。

いやがらせのように、帰りの高速では晴天が広がる始末。

 

あえて文章におこす。

 

往復9時間、往復登山2時間、レンタカー・高速代諸々2万以上かけて。

 

僕は。

 

山の新鮮な有毒ガスを吸いに行ったのだ。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

キャンパー井上

1988年生まれ

クライミング歴2013年~

身長167.8

リーチ172

About Me
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon