リーチは作れる。

2020/03/20

ほやまだ。

2020/03/19

自宅謹慎。

2020/03/13

1/17
Please reload

関連記事:
ニュースレター配信中

阿修羅。

女性陣の動く音で起きた。

 

女の人の朝は、髪のセットや化粧で忙しい。

 

つくづく坊主の男で良かったと思う。

 

みんなほぼ同時に起きて、朝食を取った。

変出者がでるハプニングがあったが、ほどなく出撃。

 

二日酔いはないが、筋肉痛が出ていた。

 

大分抑えたつもりだったが、タコをやりすぎたダメージがひどかった。

 

今日はファンでみんなと遊ぼうと決めた。

 

8:00に出発。

 

前日とは違い、南側から向かうと、巨石群が見つかった。

 

まだまだ熊野のポテンシャルを感じた。

まず『画竜点睛』と隣の『エスケープ石原谷』をセッション。

 

この選択が、間違っていた。

結局この日、ファンクラスはほぼ登り切ったが、初めのこの二課題が一番ハードだった。

みんなでセッションをワイワイ楽しんだ。

 

この時、貞子の憑依したづめさんのマントルが本日のMVP。

海岸に打ち上げられた生物のようなマントルの返し方だった。

 

座礁マントルと名付けよう。

その後は、かわさんにマットを借りて『政宗』触った。

 

手はいいが程よくハイボルで楽しい。

 

他にはマントル課題の『保持ケラトプス』。

 

ファン課題で楽しんだ。

盛り上がったのは、さえこちゃんのお薦め『宇宙人』。

 

ハイボルの上部でマントルを返す課題。

 

女性陣にはピンチが遠く、いい強度のマントルになっていた。

 

スポットが全員女子というなかなかない光景も見れた。

 

僕はエクステの『スカイウォーカー』をやるも敗退。

まさきのクロスムーヴが、ヨレとかではなく強度的に出せなかった。

 

是非次回はコレクションに加えたい課題だ。

 

その後は、みんなの観戦。

看板の『The sord』『嵐』などを見つつ、山田さんやきむきむさんと談笑した。

しゅうさんやはたやんのトライを応援。

石田君は崩壊後『夢幻』二段を回収した模様。

最後の締めは、誰よりも元気な山田ジュニアと遊びまくってフィニッシュ。

 

最近雪続きだったので、本当に晴れてよかった。

二日間、太陽神がいてくれたおかげ。

 

阿修羅エリアの整備も予想以上だった。

当たり前に登れているこの状況に感謝せねば。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

キャンパー井上

1988年生まれ

クライミング歴2013年~

身長167.8

リーチ172

About Me
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon