• キャンパー井上

ハイエナボーイ。


結構良い感じだ。

体が本当に良くキレている。

おそらく自分史上最も良い感じだ。

今週はグラビティ梅田で登った。

多少はオブザベが雑でも二級までならごり押し出来るようになっている。

九州に向けて良い調子だった。

今回はまた瓢。

前に流れたこだまさんとたけちゃんと直前の参戦でチコフさん。

全員いつぶりだろうと言うぐらい岩は久しぶりだ。

六時半集合で出発。

一度SAで休憩してから向かった。

天気のせいもあり大盛況の瓢。

まずは『ハイエナ』二段。

かけて優しくなったと噂の課題。

確かに全部手が良い。

低いがパワー系っぽいので体があったまるのも良い。

結果は20分。

僕だけ違うムーヴで登った。

何よりもセッションが楽しかった。

あれこれやっていると一抜けの雰囲気が出たのはチコフさんだった。

急に高度が上がってリップ手前で足を見落として落ちた。

全員このムーヴを見ていけるやつと確信した。

チコフさんが休憩して撃つと休んだ隙に、たけちゃんが完コピして先に登った。

完全なるムーヴ泥棒。

と言うかハイエナそのものだった。

こだまさんも続いて登った。

結局最後に大きなプレッシャーを感じながらチコフさんも登った。

全員勝負が決まったのは一時間を切っていた。

なんて良い滑り出し。

時間もあるので『グレートザブーン』初二段の岩を紹介した。

僕はしれっと半ズボンを持って来ていたのでマウンテンのニーバーかかる説を検証したかった。

三人がセッションでワイワイしている時にあっさりニーバーの可能性を失って飯にした。

もうお決まりの塩鯖とカレーメシ。

混ぜたら一体どうなるのか。

僕の次の興味はそこだった。

なぜかウィルキンソンで作ったカレーメシに鯖をぶち込んで食べた。

お互いがお互いの主張を一切崩さない。

二つは見事なほどに解け合わないパーフェクトに各々別で食べたほうが良い完成された料理達だった。

三人に混ざってスラブラインと直上ラインの二つを紹介した。

どっちも良い強度感で何より楽しい。

たけチコは右ライン、こだマックスさんは直上。

登って来たのはこだまさん。

決め切って来た。

二段と初二段。

これは嬉しいやつ。

二人はヨレ敗退。

次フレッシュならいけるやつ。

二回目の移動をして上流へ。

僕は前回の続きの『シンバルン』三段+。

二手足すだけ。

だがその二手がやたらとスタミナを吸われる。

全くできずだったが、現地の方に取り方教えてもらったらあっさりできた。

繋げ二トライ目で登った。

その後『シンバ』三段もやったがこちらも次はいけそう。

カチ筋がなくなってきたので枕岩へ移動。

前回と同じように軽く後半の部分を触って終了。

たけチコは完全に応援モード。

こだまさんもスタート付近ができなくなってきていたのでサクッと隣のUFO岩へ移動。

たけちゃんとこだまさんで『宇宙3』初段。

二人とも登れそうだったが最後まで出し切れず敗退。

これにて瓢日帰りは終了。

久しぶりのメンバーは全員成果もあり楽しかった。

帰ってから気づいたがはハイエナボーイたけちゃんの写真だけ呪われていた。

さて次の九州に向けていい感触だ。


121回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon