• キャンパー井上

わっぱ。


この日を本当に楽しみにしていた。

弟のセッションもこの岩場も。

エナニーランド。

なぜか下ネタっぽいが違う。

600以上の岩の課題を登ってきたが、ここに行ったことはなかった。

弟の会社の寮から1時間半。

羨ましすぎる。

着いたのは二番手。

駐車場でご飯を食べている夫婦に挨拶をしてから山に入った。

看板もあり、一見わかりやすいアプローチかと思ったが、意外に迷った。

やっとこさで見つけたのは『皇帝ペンギン』初段。

弟も前に触っていたのと、動画を見ていたので行けるイメージだけあった。

明らかに下部は取りつきやすそうだし、カンテも持てる。

人気課題っぽいので、人が来る前に動画も撮ってしまおうとさっさと取りついた。

そして取りついて初めて分かった。

最後のランジの足が全く乗れない。

下部ではしっかり持てるカチだったが、スタンスとしては全く乗れない。

というか浅草のソールがなくなりすぎて、キンキンなら乗れそうな印象だった。

ダメ元で初手のガバに無理やり右足を乗せて変な体制で飛んだ。

リップに右手が触れた。

これはいける。

何度が落ちたが無理やりそれで登った。

決してスマートではないが、体力があるうちは細部修正せずともゴリ押しできるようになってきた。

弟は左足挙がらず、ストレッチ敗退。

移動して『ジェンガ』初段。

前日の雨でビショビショだったが、こちらもあっさり終わると踏んでいた。

取りついてみると思いっきりパワー系。

はまっているとたいちゃんともみちゃんが来た。

二人で恵那とはかなり強者。

ともみちゃん参戦でエコムーヴが生まれた。

全てをコピーして登り切った。

来てくれて本当に助かった。

きっと弟と二人では確実には敗退していた。

ともみちゃんは核心は終わったのに最後のガバ取りでヨレ落ち。

もったいな過ぎる。

場所を移してお次はたいちゃんのご希望の『寂滅』三段。

これは見たことがなかった。

とんでもないハイボル。

ランディング終わってる。

何に例えたらいいのか僕にもわからなかった。

百と八つの頂点までの高さを最悪のランディングで行う。

そんな感じ。

スポッターもしたくない。

できる事なら撃ってほしくない。

マット20枚あっても言い過ぎではない。

核心部を撃つたいちゃん。

もはや米粒。

何度かフォールをしながら確認していた。

しかし時間帯ひどかったので先に『カンナルバロウ』初段に移った。

とても立体的で面白そう。

何より形状も格好良かった。

先客のファミリーと一緒に遊ばせてもらった。

意外と悪い上部もばらしてセッション。

結果これもともみちゃんのムーヴ丸パクりだった。

しっかり撃ったし結果もあったし本当に収穫だった。

三連登目で有名どころの初段を三本は素直に嬉しかった。

弟は綺麗に全部敗退。

しっかり煽りまくってフィニッシュ。

何かと二日間一緒にいて楽しかった。


86回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon