• キャンパー井上

虚偽の報告。


朝は4:30に起きた。

全員ぐっすり寝ている。

隣のアミーゴの足が畳に飛び出している。

顔をあげれば眼前に広がるオーシャンビュー。

一人で歯を磨いて、ずっと黒潮トポを読んでいた。

本日の岩への昂りを感じた。

そのうち皆起きて来て朝食に向かった。

やはりなんやかんやで朝食が出てくるのはありがたい。

ペロリと平らげ向かったのは明神丸エリア。

軍曹は『藁焼きタタキ』二段のイメトレ済み。

まさきは『塩タタキ』の繋げ。

僕は昨日の印象から今日繋げるのは不可能と感じ、軽く応援して井の岬ボルダー偵察に向かった。

アプローチは貼られているロープを伝って降りて行く。

一見怖そうな傾斜だが、思っていたより緩やかだった。

上から見ても明らかにわかった『ロンリーゴリラ』一級。

かっこいい岩だ。

他にも大体の課題を見つけたが、そのほとんどは早朝では撃てない程潮が来ていた。

遠慮なく撃てるのはゴリラとドルクの岩ぐらいだ。

干潮をまるまる費やさなければ制覇できない岩場だろう。

二人の所へ戻った。

朝活は終了ということで二日目のメイン課題『鮫肌』初段を撃ちに海坊主へ。

アプローチも良く潮干狩りのファミリーがぽつぽつといる中マットを背負った四人。

圧倒的な迫力と強い潮風。

テンション最高潮で課題に取りついた。

下部はポジティブ。

核心と思しきカチ取りを僕がヒールで左手取り、みんなは右のアンダー取りで挑戦。

一時間以上撃っていると急に一度だけ左手が止まった。

コツは出やすい右スタンスをしっかり決めることと、思っているより右を狙うこと。

右手を焦って出さず右スタンスに乗ってから右カチを取りに行く。

普段僕のムーヴは信用されないが、今回は皆も試し始めてムーヴをこちらに切り替えた。

その中で唯一軍曹がそこから鮫の口に侵入することに成功した。

正確には成功してしまった。

そこまで行くともう後には引き返せない。

普段ぬめらない軍曹がチョークを求め、面の変わるところに行った。

だがまた口に戻る。

その間約12分間。

全力スポットにも力が入る。

それと同時に軍曹の姿を見ているだけで神経が削られる。

口の中にいるメンタルはいかほどだろうか。

軍曹は降りる選択をした。

時間をかければかけるほど恐怖心は増す課題だと思われる。

結局他三人はその景色に行くことすらできなかった。

次は左手をプッシュに変える作戦で行くことにする。

10時には十分に撃てる岩だった。

いつか登りたいリスト入り。

しっかり頭のねじを外してからこよう。

そして旅の最後は井の岬で締め。

鮫肌に時間をかけすぎて、干潮の時間を逃してしまったので標的は一本。

ゴリラ岩。

軍曹は何もかも鮫に食われてしまったようでトライはせず。

三人で隣の『スカーフェイス』四級からトライ。

四級でも難しいものが多い。

アミーゴのトライが良かった。

僕は強引に取ったところもバランシーにスタで止めて上部も綺麗に登った。

ナイストライ後のナイスクライムダウンってかナイスランジ。

その後『ロンリーゴリラ』一級。

ファーストアセント動画では左面使ってなさそうだったが、とても届かないので使ってゲット。

出し切ったトライに満足。

この写真の岩の右端を見てほしい。

海を見る寂し気なゴリラの表情。

思った以上のゴリラフェイスに感動を覚えた。

本当にお世話になったGW。

高知県。

しばらく暑くても入り浸りそうぜよ。


0回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon