• キャンパー井上

流れ星ライト。


本日は四人メンズクライミング。

の予定がまさきさんが腰爆発で戦線離脱の為みおさん、とーまさんの三人で。

23:00出発の5:00頃着。

余り眠くなることもなく車を走らせる。

走り慣れ過ぎた道は、夜でも見覚えがあった。

今回は夜マックなしで百と八つに直行。

とーまさんは三時間ほどぐっすり。

みおさんは、たまに寝てしばらく起きるの繰り返しだった気がする。

ローソンで軽く寝てから、あさげを買って岩へ向かった。

寝れなかったが、体の調子は良さそうだ。

二人はストレッチ後からの流れ星。

僕はしばらくそれを見ていた。

何度見てもかっこいい岩。

体も起きてきたので、流れ星右のラインを触る。

今回はがっつり触るつもりできた。

何とか下部はこなし、上部のムーヴ模索。

下地が上がってやりやすくはなったが、まだまだ核心の一手の処理がわからない。

結局鬼引きデッドをし続けた。

とーまさんの、あと数センチという言葉を信じて次こそは仕留めたい。

二人は一度休憩がてら『星影のワルツ』三級をお触り。

ここは二人してサクッとゲット。

僕が仕留めた時よりあっさりゲット。

下からのデッドムーヴの方がいいのかもしれない。

その間に遠くの課題も見に行った。

『空海マントル』四級は怖すぎて敗退したが、それ以外はすべて登れた。

珍しいフナ虫のラブシーンも撮れたし満足。

二人の流れ星の右カチはもう完璧になっていたが、左カチは惜しくも取れなかった。

三人とも目当ての課題はお預け。

お次は名村へ移動。

『波打ち際のフェース』二級。

動画を撮っていなかったので再登。

曇りでも気持ちよすぎる課題。

二人のトライを全力スポット。

ここまで真剣なスポットは久しぶり。

それと同時に、右ラインの三級がべらぼうに悪いことが分かった。

次回こそ仕留める。

その後は最高に映える『キューブ』五級を三人でゲット。

最後は縁岩へ。

カチを痛めている為、ろくに高度は出ず二人に『碧と白の狭間』一級を紹介してから記憶を失った。

岩場で寝ると、もう死んでいるようにしか見えない。

自分でもよくこんなところで寝れるなと思う。

いつ船越英一郎が来てもおかしくない。

よほど疲れていたようだ。

記憶を失っている間に、みおさんがゲット。

記憶を取り戻したと同時にとーまさんがゲット。

二人もほくほくの所で、名村を後にした。

最後に安田海岸で『ウルトラマリーン』に驚愕して終了。

お約束の【とうの浜】で荷物を降ろし、【たのたの温泉】へ。

ここも最高の湯だった。

水風呂でしっかり体を締めた。

酒を買ってとうの浜で晩御飯。

楽だったのは事実だが、今度は外で食べようと思う。

食後はレモンサワーで乾杯。

気付いた時には布団も広げず寝ていた。

こういう事しているから次の日に疲れが残るのは重々承知。

でも楽しいから直す気もない。


220回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon