• キャンパー井上

ディープウォーターソロ。


頑張って起きた。

4:00。

5:00にトビト前に集合した。

程なくして、ジールさんが来てくれた。

荷物を移し出発。

これまた久しぶりのいだ君と再会して、お初の二人とも挨拶を交わす。

ジール号に乗るのも久しぶり。

運転しないことは本当に稀で、乗せてもらうといつも寝てしまう。

ジールさんに完全に甘え、眠りに落ちた。

一度ローソンに寄ってからおくとろに向かった。

ミニコンビニで甘露ばかりを購入し、着替え。

ウェットスーツも久方ぶり。

何とかスタイルも維持できているようだ。

アプローチを抜けると、二艇が水面に停まっていた。

やはり八人艇は大きく壮観だ。

談笑しながらジールさんのピストン待ち。

水に入ってみるが、かなり冷たい。

いよいよ入水。

今回ディープウォーターが目的だが、実はラフトもかなり楽しみにしていた。

一年以上操船していない。

チャンスがあれば、操船させてもらうつもりだった。

ジールさんラダーでぐんぐん進む。

天気は少し陰り気味。

しかし寒くはない。

久々のスイッチは、無理やり入れるに限る。

早速取りつく。

ディープウォーターは、普通のボルダリングとは全く違う。

危険でないことは分かっているのに、緊張感がある。

マットがない事の緊張感に慣れていないからだろう。

それに加え、ホールドがわからない上に苔がたくさんある。

現場処理能力など全く鍛えてきていない。

焦らないメンタルコントロールと、ホールドの選球眼。

それもすべてディープウォーターの醍醐味。

いつも初めに取りつく課題。

結構な高度まで行き、最後にニーバーがかかったふりをして壮大に落ちた。

やはりロープなしでこの高度まで行くと痺れる。

最高の快感。

この動画は必ず次触る時に生かそう。

今回初参加のみんなもワイワイ楽しく登った。

外岩に行ったことない人もいた。

下が水の方がマットより安全だという考え。

逆に思いつかなかった。

壮大な岸壁を眺めて、みんなでオブザベしながら下ってゆく。

ごうさんのガチトライも最高のボルテージで応援した。

そして去年触れる事すらできなかった未登の課題。

一発ランジの課題。

色々発射体勢を試したが、やはり順手でロケット。

ゴールに触れる事が出来た。

次回はダブルダイノで攻めて『トビウオ』という名前を付けてやる覚悟が決まった。

あと今回疲れすぎてできなかったが『モンキーステージ』という課題。

恰好よすぎる課題。

触れなかったことが後悔。

次回は体力温存していこう。

鳥の声、川のせせらぎ。

本当に癒しの一言。

今回の目的の一つ。

瀬のラダーもやらせてもらった。

トロ場では難なくできたが、瀬では全く操ることができなかった。

八人艇の重さと、風の影響。

そして何より、スイープが素人の人を乗せてのラダーの難しさ。

かなり前から前漕ぎの指示を出していても、馬力が足りず曲がりきれない。

四人ほど乗っていても、自分一人で船を動かす力がいる事を学んだ。

ジールさんの凄さとディープの楽しさを再確認できた。

一味違った緊張感と楽しさをまた味わいに来たい。


0回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon