• キャンパー井上

目的。


最近ジムを変えた。

次は【マホロバフォレスト】さんにお世話になる。

そこで初対面の方をなれなれしく誘った。

メンバーは五人。

浅さん、たけちゃん、さきちゃん、軍曹。

向かったのは初のエリア。

見てみたい岩の情報を得た。

7時発で2時間30分。

これかというアプローチをこなし、海に出た。

思い返しても、日本海側の海ボルは初めてだ。

聞いた通りのアプローチを降りる。

眼前に広がる海と潮の香り。

打ち寄せる波の音は、アプローチに近づくにつれ大きくなる。

上から見ても分かった。

『潮神』二段。

火曜サスペンスに出てきそうなロケーション。

動くランディング。

十回に一回の割合で、東宝映画のオープニングのような波が押し寄せる。

近くまでいって、今日は断念。

メンバーを選んでまた来よう。

気持ちを切り替え、岩場を変更。

同じ駐車場には、先客のクライマーとキャンパーがいた。

挨拶しつつ、談笑しつつまずは『ペインキラー』一級。

名前の通り痛い。

沖縄の岩を彷彿とさせるガビガビ具合。

すべてテーピングするとフリクションが殺される。

犠牲にする指を、何本か厳選してテーピングをした。

触った印象はなかなか良かった。

痛いことを代償に、ホールドは良くかかる。

一抜けは浅さん。

ムーヴ修正も早く、サクッと登った。

行きの車では大分謙遜していたが強い。

そして更に遠くから始める『ペインキラーEX』初段。

こちらもサクッと完登。

普段リードで鍛えているだけあって流石。

僕は同じ頃一級を完。

さきちゃんは右のカチ取りに苦労していた。

たけちゃんは意外と悪い上部で詰まり、隣の岩に回避を繰り返す。

軍曹は痛めている膝を庇い、ムーヴの模索。

そして隣で『スターマイン』一級を触っていたお兄さん。

暫く話をしていると、よく動画で見るSUN FILMさんであることが分かった。

いつも登りたい渋めのラインを登っている人で、会いたい内の一人だった。

いい縁もあり、修正を繰り返し、EXを無事登れた。

僕はスターマインに移動。

セッション相手もいないので自分でムーヴ模索。

へんてこなムーヴだが、なんとなく固まった。

核心であろうホールディングの仕方は一人で模索するのは大変だったので飛んだ。

止まる感触があった。

だが、人差し指の付け根が思いっきり破れた。

何度か飛んで、左手をワンテンポずらして寄せると止まることが分かった。

しかしここのロケーションは最高だ。

天気も良く、風も心地よい。

皆でダラダラしていると、いつの間にか寝ていた。

起きてからもスイッチが入らず、今日は明るいうちに帰ることにした。

向かったのはとある温泉街。

着物のアベックたちが、カランコロンと音を立てて道の端を歩いている。

町の景観を崩さぬよう、コンビニの色も抑えられている。

ネットで調べた海鮮屋に入った。

僕達の上がりきった期待値を満たすほどのものは出なかったが、うまかった。

少し町を歩き、ソフトクリームを食べに向かった。

もはやこれを食べに来たのではないだろうか。

旨かった。

その帰りに足湯にも入った。

最高だった。

はて。

今日は何をしにきたのだろう。


197回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon