• キャンパー井上

入道雲。


4:00過ぎに目が覚めた。

ごそごそとスマートフォンを触る。

皆やることは同じだ。

色々なところに遠征に行っているようだ。

昨日の固く冷たくなってしまった焼きそばを掻き込む。

味は意外と悪くない。

体の調子も悪くない。

あまり筋肉痛もない気がした。

けれど悪い予感がした。

まず向かったのは名村。

『縁』一級。

一度目のトライ。

たった一度触っただけで蘇った。

昨日の夕暮れ時のヨレ状態に戻った。

悪い予感は当たった。

たった一度のトライで分かった。

もう今日この課題は落とせない。

メンタル的にも終わった。

昨日のご夫妻は『ウラスジ』初段。

参戦する二人の応援をしてこの場を後にした。

暑い時間はこの場所に限る。

影の多いエリア。

大山岬。

僕等は『スローパー』一級を触った。

ニーバーを駆使する面白い良作だった。

その後は上の蕎麦屋さんで昼食を取った。

熱に当てられて、かなり頭がくらくらになっていた。

昼休憩で少し回復。

そしていっぺいさんご夫妻のマットを借りて『分厚いラブソング』初段。

ランディングは悪すぎるが、ラインとしては申し分ない格好良さ。

右手の寄せが結局解決せずだったが、左をアンダーにトゥするムーヴを聞いたので今度試したい。

まさきはやりたがっていたが、捻挫の右足を庇って取りつかず。

Fさんもに三回ほどトライして、この岩を後にした。

最後の締め。

体も限界だったので、級グレードでクールダウン。

Fさんだけ、他のクラマーの皆さんと冒涜岩。

この後Fさんは、クレイジーもハードプレイも瞬殺するとはこの時考えもしていなかった。

別行動で、僕とまさきは『かりんとう』二級を瞬殺して、隣のキューピー岩へ。

名前的にも、岩の形状的にも面白そうで登りたい。

『季節外れの入道雲』二級。

初手はパワー系で、なるいスローパーが続き、スローパーマッチもいい感じに体幹を使う。

そこから出にくい小ランジと悪いランディング。

決して気を抜けないカンテ沿い。

久々にかなり強度も内容もある二級。

一度リップまで行ったが落ちた。

まさかの敗退フィニッシュ。

後でトポを何気なく見てみると、ラインが違った。

もしかして登れたら初登だったのだろうか。

そう考えると毎晩ムラムラしてしまう。

あぁ。

登りたかったなぁ。


0回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon