• キャンパー井上

ヤムチャ。


一週間、天気予報をにらみ続けた。

メンバーは、ひろきさん、ともみちゃん、ながいさん。

チームシエスタで、立川リベンジに向かった。

最近は、一時間でもシエスタに向かうようにしている。

平日は週四、五で登っている。

左のピンチを負傷しているが、体の調子はすこぶるいい。

一週間前は、雨予報。

僕たちは、妊婦に席を譲り続けた(嘘)

僕たちは、老人を背負って歩道橋を渡り続けた(大嘘)

徳を積み続けた僕たちの願いを、神は聞き入れてくれた。

天気はド快晴。

前回の白銀世界が嘘のようだ。

6:30出発で10:00頃到着。

アプローチを慎重に進んだ。

やはりクロックス(偽物)が大活躍。

しかし暑い。

日陰を求め、まず触ったのは『親亀』三級。

前回左抜けだったので、今回は右抜けでゲット。

いい感じにアップができた。

そして向かったのは、森のエリア。

これが大正解の判断だった。

木陰の中、一番暑い時間をやり過ごせた。

ながいさん御所望の『森のカンテ』一級から取りつく。

僕は三日目だった。

垂苦手意識が、今だに拭えない。

四人でセッション。

指の痛さにうなりながらも、皆慣れてきたのか、初手が安定してくる。

その中、急に口火を切ったのは、ながいさん。

沈みかけた空気に、可能性の光を照らしてくれた。

そこでいい連鎖が生まれる。

ひろきさん、ともみちゃん、僕もほぼほぼ続いて完登。

僕以外ワンデーで森のカンテ回収。

流石。

気持ちの良いスタート。

その後触った『超回復』初二段。

最後の最後で、少し可能性を見いだせた。

スタートの左手を一番右に寄せ、三本指で持ち、小指の所にヒールをねじ込む。

次は行けそうだ。

ご飯を食べつつ『木の根』八級。

その後は『巨乳マントル』六級。

最後に『森のマントル』一級で、森エリアは締め。

この岩場の看板課題『大谷ハング』一級前に移動した。

前回のイメージが丸々残っていたので、僕はさくっとゲット。

SDの一級初段にチャレンジする。

ひろきさんも果敢に挑む。

今回上手く撮れた一番お気に入り写真。

ながいさんは、ご飯を経て、完全にスリープモード。

ともみ嬢は、その隣で、完全にシャットダウン。

女の子の寝姿を見て、ヤムチャを連想したことは今だかつてなかった。

そしてエンジンのかかり出したながいさんは強かった。

僕と同じ手前のガバカチで核心を止め、キャンパで落とした。

普段あまり見られない、ながいさんのダイナミックムーヴがとても新鮮だった。

登れたながいさんより、なぜか喜ぶ僕の図。

ひろきさんは、核心取りの時、足が切れてしまうトライが続いて宿題に。

次回はいけるやつ。

その後は、旅人岩へ移動。

毎回恒例のインスタ映えする写真を撮って終了。

僕は少し『恋人』二段を触らせてもらったが、ランディングが怖い。

間もあけずに、さらっと触っただけだが、これは登れそうだ。

帰りは、鉄板の岡本中華でフィニッシュ。

今日もよく笑った。

看板の一級を落とせた時のこの嬉しさは一体なんだろう。


0回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon