• キャンパー井上

親の仇。


いつも人気で、とてもじゃないが触れない岩。

遂にチャンドラを始めた。

有給を急遽もらい、ソロで宮川へ。

平日は混んでいないだろうと、出発は8:30。

三時間ちょうどで、現地に着。

現地には、かわいさんとのりさんがいた。

今日チャンドラと最後まで向き合えたのは、この二人がいたおかげだった。

一人で一日撃てば、バラしぐらいは流石にできるだろうという見積もりは甘すぎた。

初めて触った印象は圧倒的な絶望感。

しかしどこか懐かしい。

隣の『アメゴ』初段で感じた感覚だった。

ムーヴうんぬんではなく、お前には百年早いと岩に突き放される感覚。

うん。

快感だ。

初めの印象から、心を立て直せるかも一つの核心だ。

僕一人では、きっと二トライ程でこの岩を後にしただろう。

あまりのできなさ具合に、二人と談笑しつつ、アドバイスをもらう。

かわいさんのアドバイス通りにすべてのムーヴを試した。

しかしどのムーヴもしっくりこないし、強度が高い。

すべての手を封じられた僕は、クロスのピンチを親の仇が如く保持る事にした。

すると止まった。

スタティックに次の手が出せた。

そこからランジまではアウトサイドを駆使して左手を送る。

もしくは、ガバをマッチして送る。

前者の方が強度は高いが、手数は少ない。

ヨレていなければ前者一択だ。

今回はただの備忘録。

次回は終わらせる。


0回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon