• キャンパー井上

酷寒。


この日は新しい扉を少し開いた。

メンバーは前回と同じで、Tさん、コージさん、あきさん。

アイスクライミングに誘ってもらった。

あきさんと少しでも高さに慣れたいと、最近ジムに一緒に練習に行っていた。

ダンサーはしなやかさが違う。

登り方は全く分からなくても、身体能力と柔軟さは素人ではないので、五級でも落としてくる。

あきさんは問題なさそうだ。

僕は埃をかぶっていたハーネスを引っ張り出し、オートビレイで少し練習して当日を迎えた。

この日は、6:00に役場前駐車場に集合。

時間を勘違いしており、4:00にあきさんピックアップの6:30着。

天気も良く風もないがかなり肌寒い。

下は、ヒートテック二枚にクライミングパンツ、レインウェア。

上はヒートテック、半袖、パーカー、ウルトラライトダウン。

僕には珍しく重装備で臨んだ。

まるで夕陽のような朝日に迎えられて出発。

前日の豊田での疲れは、心地よい程度に背中に来ていた。

空気の透明度が雪景色に拍車をかける。

いつも以上の重みは背中に取り付けたアックスだ。

うまく使えるかも分からない。

登り始めるとやはり暑くなってくる。

ウルトラライトダウンはすぐ脱いだ。

相変わらずTさんの足取りは軽い。

ウォーミングアップでもう疲れてしまう。

前日に卸したスノーシューズと12本爪アイゼン。

即決しすぎた事がどう出るだろうか。

二時間ほど歩いてアイスのエリアに着いた。

クライマー以外立ち入るべからず。

ここからは急斜面でアックスを使った。

Tさんが踏み固めてくれる場所を使うがかなり疲れる。

ヒラメ筋へのダメージがひどい。

休憩しつつ目的地へ着。

そのからのTさんとコージさんの準備はとてつもなく早かった。

大量のカラビナとハーネスをアイゼンをしたままあっさりつけた。

僕とあきさんは支点の設置を二人でまった。

二人ともアックスでどんどん上がっていく。

上部で何か作業をしている時に風が強くなってきた。

ここからは寒さとの戦い。

今までに感じたことのない寒さだった。

外気でペットボトルの飲み物は凍り付き、スノボー用の手袋でさえ中の指の感覚がなくなった。

結局僕は心が折れてしまい、二人のアイスクライミングを見守って終わった。

薦めてくれたが全く出来なかった自分がふがいない。

先に離脱し、空きさんと頂上を目指した。

ロープウェイの到着地点だ。

合っているのかわからない道を心配しながら進むと、ルンゼが見えてきた。

驚くことに三十人ほどのアイスクライマーがいる。

みんなワイワイ楽しそうに登っていた。

僕も低い氷で少しアックスで登って遊んだ。

氷に叩きつける感覚はアイスクライミングならではで楽しい。

そして頂上のアゼリアで4人合流しカレーうどん。

写真も撮ってフィニッシュ。

12本爪アイゼンは終始苦手だった。

たまに露出している岩の上を歩く時の罪悪感が大きい。

慣れるのだろうか。

このチッピング感。


0回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon