• キャンパー井上

鮎大なり鰻。


今日は、岩を楽しみに行ったのではない。岩に行くメンバーで、ドライブに行ったのだ。

メンバーは、とーまさん、軍曹、ダーマさん、ゆいちゃんの五人。

滋賀のハイグレードエリアの下地が、かなり上がっているとの情報があった。

『ギロン』初段を刈るチャンスだ。

7:00難波で、ダーマさんを拾って出発。

軍曹車は、別便で滋賀へ向かった。

八日市まで快走し、現地へ向かった。

向かうにつれて、雲行きが怪しくなってきた。

正確に言うと、雲行きではない。

地面行きだ。

いや。

地面雪だ。

ダム辺りから、かなりの雪景色に変わってきた。

ヤバイヤバイ。

これはヤバイ。

ヤバイヤバイヤバイ。

ほんまヤバイ。

ダーマさんとの車内での会話も、女子高生同士の会話のように変わる。

着いた。

案の定、一面の雪景色。

アプローチも、遠くに見えるギロンの岩も雪まみれ。

前回の瓢よりアプローチはひどい。

僕は安定の裸足に、クロックスのバッタもの。

行けるはずもなく、アプローチ敗退。

少しコンビニで議論をし、笠置に行くことに変わった。

笠置についたのは11:30。

五時間弱かけて笠置へ。

もう気持ちも切れてしまった。

軍曹も、心はハイグレードエリアに置いて来てしまったように抜け殻だ。

とーまさん、ダーマさん、ゆいちゃんはチャリオッツ岩をご所望。

しかし先客がいたのでまずは『鮎』初段。

の前で昼ごはん。

バナナを食べ、鮎大戦。

結局落とせなかったが、今回の笠置で一番撃ちこんで落としたい課題ができた。

鮎の一手目をとめる為に、やることは五つある。

・左手は持った上で更に持つ。(めっちゃ持つ)

・右足は足首を立てる。

・狙う先を見つめる。

・親指は開かない。

・四本の指は山なりの形にする。

このどれかができないと保持できない。

ダイナミックなムーヴに隠れて繊細過ぎる課題。

次は頑張ろう。

同刻、ゆいちゃんは『赤いきつね』一級。

安定して二手目までは保持していた。

同時に『トンネルホール』一級も触ってみた。

とーまさんとあれやこれや言いながら触る。

これは面白い。

昔触って全くできずに面白くなかったが、戦えるようになっている。

初めて浅草を履いてる方にも会えた。

その後、ゆいとーま連合は『はみ金サーブ』一級。

僕はこのタイミングで『のっぺりカンテ』の奥だなありの五級を初めてゲット。

やっと三級に挑戦できる。

軍曹こだま連合は『うなぎ』初段へ。

二人は、あっさり離陸。

僕は二人のアドバイス通りやってみるが、全く浮かない。

一生出来る気がしない。

ここでは去年年末を共にしたやぶりんとも遭遇。

『すぐる君』三段を観戦させてもらった。

その後チャリオッツの先客が移動したので、二人を呼びに帰った。

その洞穴内でティータイム。

とーまさんの辻利さくら抹茶が絶品。

洞穴で飲んだ上品な味は、忘れない一年の締めになった。

ダーマさんは、先週に引き続き『チャリオッツ』二段を落とし、無事昇段。

軍曹は、もうレストモード。

心はまだ滋賀をうろうろしている模様。

僕は一人で戻って、トンネルホールをゲットした。

温泉に入ると、指に段々畑が生まれる。

気持ち切れたわりに、しっかり撃った。

ダーマさんの昇段祝い宮ステーキで、乾杯し締め。

二回だけ鮎が止まったことが、僕の今年最後の成果。

実は前日に、親が気まぐれで買ってきた鰻丼を食べた。

そのラスト一口で小骨がサイドに刺さった。

実はずっと痛かったのだ。

そんな状態でうなぎを落とせるわけがない。

うん。

年末にこのタイミングで分かったこと。

僕は、うなぎより鮎のほうが好き。


0回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon