• キャンパー井上

大峰ブルー。


7:00起床

9:00洞川発

10:00神童子谷駐車場

10:17入渓

10:51赤鍋滝

11:39釡滝

13:37入渓口

朝7:00。

おい。

返せよ。

それ俺のだよ。

返せよ。

お母さん。

よーへいが返してくれない。

わっぱどもの声で起きた。

むむ。

ここはどこだ。

テントの中にいた。

飲み会の途中だったはず。

どうやら記憶を無くしたらしい。

ワインと白ワイン仕込みのアクアパッツァにやられたようだ。

運よく二日酔いはしていなかった。

やすまはすぐに起き、そそくさと外で昨夜撮った写真をインスタ用に加工していた。

おーちゃんと一緒に、のんびり起きて朝食に取り掛かった。

取りあえずスキレットでソーセージと昨日のキノコ、なすを塩コショウで焼いて食べた。

二発目は、なすキノコに残りの赤ワインをぶち込んで煮てみた。

赤ワイン煮込みと聞けばよく聞こえる。

しかし色的に、どうみても暗黒界にある食材の姿になってしまった為、レタスとチーズで多い被せてごまかして完食した。

ささっと片付け出発。

段取りの速さ。

元探検部の結束力は伊達じゃない。

そして神童子谷へ。

現場は沢登りの人と釣り師で大渋滞。

いつからこんなに人気のアクティビティになったんだろう。

奥の駐車場は満車だったので、小さな祠前のスペースに停めた。

奥に行くと通行止めの看板があり、そこからエントリーする。

少し行くと、ピンクのテープのある木があり、そこが入渓ポイントだ。

途中にチラ見えする大峰ブルー。

前鬼に匹敵する蒼さだ。

おら、ワクワクすっぞ状態。

スタート地点には7人チームの方々、軽く挨拶してスタート。

水温は17度ぐらい。

染みる冷たさだが、刺さるほどの冷たさはない。

サクサク歩きやすい道が続く。

浮石も特になく、難所もない。

すると左右に岸壁が現れた。

インスタ映えする岩だ(笑)

へっついさんというらしい。

ほどなく赤鍋滝が見えてきた。

連続する滝だ。

こちらもなかなかの見ごたえ、滝つぼのブルーがとても綺麗だ。

左岸側のスラブを登る。

10級ぐらいかな(笑)

帰りどうせ通ることも忘れ、やすまと飛び込む。

滝の右岸よりに滑るとバウンドせずに楽しめる。

おーちゃんはゆっくりだが確実に進んだ。

結構序盤にがっつり濡れるところもあり、僕らはクライミングの粋を集め、岸壁トラバースで遊んだ。

巨木があったり、蛙、おたまじゃくしを捕まえたりして進む。

だが、ここの道がなかなかダラダラと難所もなく長いので、逆につらかった。

そして今日の目標である釡滝に到着。

なるほど納得。

二つの支流が流れ込む合流地点で、二本の滝があった。

その右側は釡のようにぽっかりとホールになっている。

ここでしばし休憩。

コーヒーとやすま家でもらった瀬戸内レモンで一服。

おーちゃんも体力的に厳しそうだったので、今日はここで引き返しに決めた。

この滝は左側を大きく巻いて進むのは見るからに分かったが、僕らはクライマー。

直登してみたいと挑むことにした。

ホールの下部までトラバースし、ワントライ目。

三手ほど進んだが上部が悪く、何よりスタンスぬるぬるで落下。

でもそのディープウォーターっぽさも楽しい。

二トライ目はしっかり完登。

その後滑って入水。

帰りは、修行ごっこや飛び込みをして、存分に清涼感を感じて入渓ポイントまでサクッと戻った。

釣り師、沢登りの人で20人以上いたかな。

流石人気のエリア。

次はジョレンの滝目指して行こう。

帰りは温泉行って、良い肉屋で食いすぎて終了。

毎年行ったことない沢にいく。

秘境。

この言葉だけで。

ヨダレ出るわ(笑)


0回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon