• キャンパー井上

さらばとて帰り給ふ。


仲夏のあまりの暑さに、梅雨の湿り気で、外岩はバットチョイスと感じる。

狙うは早朝しかない。

一度行ったらアクセスの良さと交通費で病みつきになる御手洗へ。

朝活では動きやすいソロが一番多い。

ただ同じ課題撃てるなら複数がベストだ。

マントル眼鏡まさきを連れて行くことにした。

今回の目的は宿題回収。

ただ最近の天気を完全に忘れていた。

着いて気付く。

水量が多い。

対岸に渡るのも一苦労だ。

そして五時半ごろまでずっと『初夏』初段の工事。

工事はいつ以来だろう。

木やら石やらを最低限敷き詰めてアップも終了。

早速取りつく。

上部を先に触り、核心の確認。

本気ワントライ目。

パイレーツ・オブ・カリビアンのせいで睡眠不足の体を起こすには申し分ない強度。

あっけなく落ちるが好感触。

結局3トライで回収。

上出来な出だし。

まさきは惜しいトライを繰り返し激撃ちモードに突入しかけだったので止める。

今日はマット四枚なので焦ることもない。

僕は一人で草餅岩へ移動。

かろうじて『串こん』一級だけは撃てる感じ。

『いもぼた』二級など再登したかったが水没ぎみ。

前回バラシは終わってたので、真剣トライ二撃目でゲット。

やっぱヨレてなくても、離陸の出力が異常だった印象。

その後『白昼の死角』一級初段へマットを移動し、まさきの様子を見に行く。

まさきは僕が着いた直後のトライでゲット。

ムーヴは安定していたが、上部での各手の保持時間がヨレが伝わるほど長かった。

トータル20撃ほど撃ったらしい。

それで落としてくるスタミナの無尽蔵さは驚嘆するものだった。

無事お目当てが回収出来たら、その後もいい傾向が続く。

白昼は上部マントルを確認。

ワントライ目は二手目で落ちたので前回の反省点を一つずつ反芻。

そしてレストがてら、反対で『歯車』初段されてる方の応援。

顔を見てすぐわかった。

インスタで繋がっているお姉さんだった。

大きいカタツムリを救出しようとして、逆に水没させるお茶目な方だった(笑)

最近は、一人で行っても必ず知ってる人がいるので楽しい。

クライマーの世界は本当に狭い。

そして戻って白昼を。

本日一番の集中力を出しゲット。

核心取りで前回あまり気にしてなかった左足のスメアを意識したら、フラれが少なくなって止まった。

手数は少ないが繊細な場所が多い。

本当に面白い良作だった。

その後はまさきの応援。

プレッシャーかけるのも悪いので、フラフラしてると、きむきむさんご一行にも出会った。

久々だったのでみんなでワイワイおしゃべり。

そうこうしていると、まさきもコツを掴み無事完登。

ラストトライにします宣言で落としてきた。

さすが。

そしてそのままケロ岩に移動。

まさきはかなりの撃数重ねていたので、カチを手が嫌がり始めていた。

僕は激撃ちモードでトライしたが、『ケロ』一級に敗退。

ここで最近ヘビロテのオタキのベルクロがさらばとて帰り給ふ。

締めは、まさきとアイシングして終了。

大太刀よ。

初夏まで耐えてくれて本当にありがとう。


160回の閲覧

NewBirth Dinosaur─日々のアウトドアをブログで紹介。

​クライミングを中心に、アウトドアライフをつらつらと。

  • Grey YouTube Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成された

ホームページです。

  • Black YouTube Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon