• キャンパー井上

ファスティング。

年末年始どこに行こうか何しようか。


楽しみは膨らむ。


腰の痛みは引いてきて、動けるようになってきたからだ。


しかしまたやってしまった。


また椎間板を痛めてしまった。


インスタで復帰宣言をした日に。


最悪だ。


とことん最悪だ。


また完全復帰が遠のく。


こんな最悪な年末年始。


何が出来るか考えた。


そうだ。


世界一絶望的な年末年始にしてみよう。


ということで29、30、31、1、2、3と『断食』をしてみることにした。


美味しいものが入り乱れるこの時期に、どれほど絶望を感じるのだろう。


楽しみだ。


ネットで一通り調べた。


まず断食は、ファスティングというらしい。


酵素ドリンクと基本的に水、塩分不足を感じたら塩を舐める。


それだけ。


固形物は取らない。


また前日は準備食として、豆類、ごま、わかめ、海藻、野菜、きのこ等で過ごす。

と適当に調べて出てきたお綺麗なYouTuberのお姉さんが言っていた。


ということで早速開始。

29日の朝は豆腐、キムチ、野菜、納豆。

昼は豆腐とサラダボウル。


この会社での昼ごはんが最後の食事。


ここからファスティングスタート。


腸内環境の改善がメリットとしてあるらしい。


肌も綺麗になるらしい。


この日に購入したのは酵素ドリンク。


マツキヨで1,800円で購入した。


株式会社メタボリックの商品。

社名だけ少し気にかかるが、しばらくの僕の相棒。


【30日】


仕事納め。


隣の席。


後輩の唐揚げ丼の匂いが、殺人的すぎることがこの日の感想。


特にこの時点で苦痛はない。


【31日】


酵素ドリンクの味は悪くない。


水割り、炭酸割りがおすすめと書いてあったが、ほぼストレートで摂取した。


腰が痛いので、ずっとソファーで過ごしていた。


【1日】


ただただ流れる正月番組を見て過ごす。


なるべく絶望を感じようとグルメ番組も率先して見た。


この日の夜にとても貴重な体験をした。


夢を見た。


しゃぶしゃぶが目の前に置かれ、まさに今食べようとしたその瞬間。


隣の何もない空間に、死ぬほど美味そうなたらこスパゲッティが徐々に現れた。


ふらりふらりと僕の両手はたらこスパゲッティに伸び、食べようとした瞬間目が覚めた。


ソファーの上で現実に戻された。


つきっぱなしのARASHIの番組で、たらこスパゲッティを櫻井氏がほうばっていた。


テレビの音が夢の中に干渉してくるのは初めての経験だった。


【2日】


朝7時に起床。


やることがないので朝風呂に入ることにした。


出た時の立ちくらみ。


ここからこの日は立ちくらみのオンパレード。


少し生命の危機を感じた。


明らかに体全体に力が入らない。

お腹を凹ませると、何も中に入っていないのがわかる。


もう限界に近い。


【3日】


この日も夢から覚めた。


焼肉屋に僕はいた。


大量の焼肉が目の前にあった。


左手で茶碗を持ち、ご飯をすくって口に運んだ。


口に入れた瞬間。


だめだ。


僕今ご飯食べたらだめだ。


そう思って咄嗟に口に入れたご飯を手で取り出した。


その瞬間目が覚めた。


もうやばすぎる。


夢の中でさえ飯を食うことを拒む。


おそらく体は限界。


そしてそのまま朝風呂をした。


しかし長風呂すぎたのか、立ちくらみが酷すぎて洗面台で立てなくなった。


全裸のまま5分間うずくまることしかできなかった。


そんなこんなで僕のラマダーンは終わった。


辛かった。


本当に辛かった。


けど稀有な体験もできた。


肌が綺麗になるということだったが、元々肌は綺麗なので変化はなかった。


腸内環境良くなるとのことだったが、元々荒れていることもなかったので変化はなかった。


驚くべきは体重。


『5.7キロ減』62キロから56.25キロ。

ここまで落ちるものなのか。

明らかに体が一回り小さくなった。


そして5日ぶりに体に入れたものは、鍋。


ファスティング後はかなり舌が敏感になっていると誰もがいう。


全てのものの味は濃く感じ、旨い。

その日の鍋は最高に美味かった。


心にも体にも沁みる。


生まれ変わったかのようなこの感覚。


もう多分一生味わえないだろう。

225回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

神対応。